新年になったら挨拶に訪れることができれば良いのですが

遠いところにお住まいの方には挨拶することができません。
そんな場合、年賀状を渡せばいつもはめったに会えない方にも挨拶できるわけですし、お正月の近況報告が入ったはがきをもらったら、相手もうれしいです。
前もって終わらない日本人の習慣として年賀状を書き続けるようおねがいします。
写真入り年賀状を出す方も大勢いますが、仕事上の相手に出すなら出してもいいかを悩んでください。
出産祝いを送ってくれた方の場合は、写真を見せれば喜ばれるでしょうが、プライベートを知らない相手に家族の写真付きの年賀状を出しても迷惑に思うかもしれません。
会社用として写真のない飾りの少ない年賀状を事前に作っておけば困ることは消えます。
現在は年賀状は出さずにメールの形で年始の挨拶を終わらせる方が増えました。
メールにすれば早くに書かなくてもいいですし、すぐに出せますので楽なのですが、年上の上司などは年賀メールですませられると馬鹿にしていると思う場合があります。
友人同士ならばメールを出しても年長者には昔からある年賀状のほうを選ぶことを提案します。