戦いはウィンブルドン2度目の優勝を狙ってきた

ジョコビッチの勝利で幕を下ろしました。4大国際大会7勝目となる優勝を手にした喜びのあまり芝生を口に入れて喜ぶ姿がノバク・ジョコビッチ選手らしいパフォーマンスでした。ノバク・ジョコビッチ選手の4大国際大会優勝は2011年以来となり、ずっと手に出来なかった優勝を手にしたことになります。素晴らしいコートカバーリングや、冷静で緻密な返球はこのゲームにおいても安定したものでした。そして、準優勝のフェデラー選手は自身8度目の優勝は逃しましたが、驚異的な精神力と素晴らしい集中力で7度もこれまで優勝してきたこれぞロジャー・フェデラーといった素晴らしい粘りで存分に素晴らしい試合を与えてくれました。
http://www.jaz-sem.net

戦いはウィンブルドン2度目の優勝を狙ってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です